Thursday, July 19, 2012

Movie : HELL

※ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想 HELL
HELL(ヘル)』(2011)ドイツ/スイス

マリーは教会で出会った女性エリザベートに連れられて行った農場で、妹レオニーを見つける。
二人はエリザベートの息子達の花嫁として囚われ、フィリップとトムは彼らの食糧として捕まえられていたのだった。

レオニーを逃がし、共食いを拒否したアンナは拘束され、目の前でフィリップが殺される。
フィリップのナイフを手に入れたアンナは結束をはずし、監禁されていた人々を逃して、森でレオニーとトムに再会する。そして、3人は空を自由に飛ぶ鳥の姿を見る。

フィリップが殺された時、フランス映画なら殺戮が始まるはず。そう、『フロンティア』である。
『フロンティア』の殺人一家が何を目的にしているのかよく分からなかったが、この『HELL』は食糧事情という明確な理由がある。
殺人一家と言ったら『悪魔のいけにえ』、『テキサス・チェーンソー』、『マーダー・ライド・ショー2 デビルズ・リジェクト』『クライモリ』等々。
でも、そんな下品なスプラッターシーンは無いので、『HELL』はSF映画という位置付け。『ソイレント・グリーン』もSF映画だね。

Labels: , ,

Friday, June 29, 2012

Movie : The Divide

※ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
Image2328
ディヴァイド』(2011)アメリカ

某国より核攻撃を受けたニューヨークは壊滅状態に陥り、アパートの住人9人が地下シェルターで生き延びた。
娘ウェンディーを連れ去られた母マリリンは、次第に精神が不安定になってゆく。

一方、食料を隠していたミッキーは争った際デルヴィンを殺して拘束され、ボビーとジョシュがシェルターで権力を握る。
エヴァは卑屈な態度の婚約者サムと怪我を負ったジョシュの弟エイドリアンとの間で板ばさみとなる。
放射能の影響で、不正出血、脱毛の症状が現れてゆく住人達。
ミッキーから銃の在り処とシェルターからの脱出方法を聞いたエヴァはマリリンの死を目にし、自分の髪が抜けた事で決心する「外へ出る!」

銃を手にしたサムはボビー達ともみ合い、エイドリアンが撃たれる。ボビーはエヴァに首を切り裂かれ、ジョシュは自らに火を点け、火だるまとなる。
エヴァは燃え盛るシェルターにサムとミッキーを残し、防護服を身に着け、食料を背負い、一人トイレの中へと飛び込む。 臓物と汚物の中を泳ぎ渡り、たどり着いたのは、破壊され荒廃したニューヨーク…

テーマは“サバイバル“、私が大好きなジャンルである。
だんだん様子が変になっていくボビー、デニス・ホッパーの怪演を見ているようで楽しい。
ザヴィエ・ジャンは『フロンティア』の監督だそうだ、やはり“サバイバル“だったわね。
Heroes』のピーター役だったマイロ・ヴィンティミリアが汚れ役で出ていて意外だった。
後半がスリラー好きにはたまらん映画だった♪

Labels: , ,

Friday, June 15, 2012

Movie : Grave Encounters

※ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
Image2294
グレイヴ・エンカウンターズ』(2011)アメリカ

いわく付きの精神病院を撮影する為に訪れたのは、超常現象番組『墓との遭遇』のクルー5人、レポーターのランスと助手のサシャ(女)、ニセ霊能者役の役者ヒューストン、カメラマンのマット、技術スタッフのTC。
雰囲気を盛り上げようと、ランスが管理人に頼んで外からドアにチェーンを巻いて密室にしてしまった。そこそこの心霊現象が撮れたので、朝を待たずに帰ろうとしたが…

ここら辺の時間の経過がよく分からなかった。
編集されたビデオとは言え、サシャの髪が持ち上がったりした時間は午前1時ごろでは無かったかしら?
撮影を終わらせてロビーに集まった時が午前4時過ぎでかなり時間が飛んでいたような気がした。

そしてマットがカメラ(確か10台設置したような気がする)を回収するために一人で病院内を回る。

一人で行かせちゃ、ダメでしょ。何かあるに決まってる。
で、案の条マットは行方不明になって、後ほど姿狂った姿で発見され、最後はエレベーターで自殺する。

外へ出ようとチェーンのかかったドアにベッドをぶつけて開けるが、ドアの先はどこまでも続く廊下。
午前8時になっても夜は明けず、暗いまま。コンクリートで塗り固められて屋上へも出られず、さまよう4人。
一人一人と消えて行き、最後に残ったランスはどうどうめぐりの地下通路で小さな扉を発見する。
そこは、ロボトミー手術を行った悪名高い医師の部屋だった。
そして、床には魔方陣が描かれ、祭壇が設けられ、医師は黒魔術を行っていた。
いつ果てるとも無い迷宮を何日も一人さまよっていたランスに異形の看護婦が襲いかかる。

さて、プロデューサーに届いたビデオは誰がいつ発見したんでしょうね?

Labels: , ,

Monday, May 07, 2012

Book : Tesuo The Bullet Man

※ネタバレ:まだ読んでない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想。
Image2245
塚本晋也/著『鉄男 THE BULLET MAN』(2010)講談社

解剖学者の父ライドは日本の重機械工業の会社で“人間兵器”を開発していた。トランスフォームする人工人体を作り、人間の代わりに戦地へ送り込む為だ。
最愛のパートナーである美津子を癌で失った父は、会社から実験用の細胞を自宅へ持ち返り、美津子そっくりの人工人体を作り上げた。
そして、生まれたのがアンソニー。

定期健診を受けていたのは父がアンソニーとトムの変化を観察する為だったのである。

息子トムを失ったアンソニーは怒りを感じるたびに身体が鋼鉄へと変化し、“ヤツ”が挑発するにつれ巨大な大砲へと化す…街を破壊する危険が迫る。
やがて、“ヤツ”を内部に取り込んだおかげでアンソニーの精神は沈静化し、元の肉体へと戻って行った。
そして、妻ゆり子の身体には新しい命が芽生えた。

Labels: ,

Monday, February 14, 2011

Book : Home, Green Home by Fuyumi Ono

※ネタバレ:まだ読んでない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想。
Home, Green Home by Fuyumi Ono
小野不由美/著『グリーンホームの亡霊たち』(1990)朝日ソノラマ
 パンプキン文庫


小3の時に住んでいたこの町で、クラスメイトのオサルが死んだ事をすっかり忘れていた浩志。
実はこのグリーンホームはオサルの家が建っていた場所であり、和泉聡は両親に殺され神社に捨てられたオサルの幽霊なのであった。

この場所を離れられない自縛霊達はグリーンホーム建設前も後も出現するのだから、元々のオサルの家があった時も出没していたのだろうか?
オサルはどうして神社からここへやって来たのだろうか?
浩志は記憶を抑圧していたこの町へ何故わざわざやって来たのだろうか?
色々と疑問が残る小説だった…ラノベだから、まっいいかって感じ~

Labels: ,

Thursday, May 06, 2010

Movie : Shutter Island

※ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
SHUTTER ISLAND
シャッター アイランド』(2009)アメリカ

島に上陸してすぐ警備員がバッヂを見て「連邦捜査官は初めてだ」と言った。
その数分後、テディが塀の上の鉄条網に電流が通っている事を知っている理由は「前に来た」と答えている。
矛盾している…
その後、てっきり消えた患者は妻のドロレスで彼女に会いに来た事があるのかと思っていたら、全然別な女性。

あー、これはテディの頭脳世界の映像化だな、と。

かなり混乱した精神状態で現実と幻覚の区別が付いていない、相当病んでいる。
戦争を経験したトラウマもあるだろうが、それにしても夫婦揃ってイカレれるってアリなのかな?
宇宙人に連れ去られたと思い込んだ夫婦もいるくらいだから、たぶんアリなんだろう?!

失踪した女性患者レイチェルが戻り、病室でテディと対話している場面はあまりにも舞台芝居くさかったが、これも演出なのだろう。フェリーの上の海と空も違和感あったなぁ。

*   *   *

連邦保安官のテディ家族はアパートに住んでいたが、うつ病を患うドロレスの為に湖の側に引っ越して来た。
そして、彼女は自分の子供3人を湖に沈め、それを発見したテディは発作的に彼女を殺してしまう。それからずっと病院暮らしで、何度も同じ夢を頭の中で繰り返し見ている。

Labels: ,

Wednesday, April 28, 2010

Movie : The Shock Labyrinth

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
THE SHOCK LABYRINTH
戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』(2009)日本

結局最後は、ユキは昏睡状態で入院していたってオチ(だったよな?)

小学生の時に忍び込んだ際、ケンに驚いたユキは手すりを飛び越えて階下へ落ちてしまった。それからずっとユキは植物人間。
だから、ユキが雨の日に帰って来たのは何かの間違い…とも言い切れないのは、ベッドに横たわるユキの足の裏が汚れていたからなのだ。

まぁ私が思うに、全てはケンの脳内の出来事って事かな?

Labels:

Wednesday, April 21, 2010

Movie : Paranormal Activity

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
Paranormal Activity
パラノーマル・アクティビティ』(2007)アメリカ

ラストは悪魔憑き映画『REC/レック2』。

私の予想では、ケイティが“父親”による虐待で精神的な障害を抱えていたのかと思っていたが、結局納得できる説明もされず、無人の部屋のカメラに映る“ミカの死体とケイティの憑依”を突然見せつけられて、消化不良のまま終わってしまった。
まぁ、学者の言う通り、幼い頃からケイティは悪魔に魅入られていたのかもしれないね。
それにしても母親の事が全く語られていないのはどういう事? 続編に期待。

Labels: ,

Monday, November 09, 2009

Movie : Tetsuo II The Body Hammer

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
TETSUOII THE BODY HAMMER
鉄男II TETSUOII THE BODY HAMMER』(1992)日本

明生が家族と共に外出した際、銃のような物で腹に衝撃を受け、幼い息子が二人組の男達に連れ去られてしまう。妻と共に追いかけ、何とか息子を取り戻すが、再度息子を自宅から連れ出されてしまった。
マンション屋上まで誘拐犯を追い駆けたが、徐々に肉体に変化が現れていた明生の身体から銃が出現し、誤って息子を撃ってしまう。そして、今度は明生自身が連れ去られてしまう。

気が付いた場所は巨大な倉庫、筋肉隆々たる男達がひしめいていた。
銃は人間を鋼鉄化する為の物だが、実はそれは失敗作であった。
本当に鋼鉄化し、人間銃器へと変貌するのは明生と“やつ”だけ。

“やつ”の身体から弾丸が発射され、明生と対決するが、倒れた“やつ”の脳に金属管で接続すると、何と明生と“やつ”は兄弟で、幼い頃母を銃で撃った父を明生が射殺していたのだった。

周囲の金属を引き寄せ巨大な鋼鉄の塊と化した明生、更に男達の脳に金属管をつなげ、息子を再生させてしまう。
金属と周囲の者達を融合させ、妻カナと共に街を練り歩く。

Labels: , ,

Wednesday, September 23, 2009

Movie : Martyrs

※ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
MARTYRS
マーターズ』(2007)フランス/カナダ

少女リュシーが監禁から逃げ出す時、同じく囚われの女が居た。助けを求める女を振り切り、逃げるリュシー。
その女がトラウマとしてリュシーの心に巣食い、精神を破壊させ、彼女だけに見える存在として自傷行為に及んでいた。
しかし、自分を虐待していた家族を殺したにも関わらず悪夢は去らず、己の首を切断して命を絶ってしまう。

悲しみに沈むアンナ。
果たしてこの家族はリュシーを捕えていた犯人だったのかとの疑問が浮かぶ。
しかし、地下への秘密の入り口を見つけ、新たな犠牲者(マーターズ)を見つける。
またも献身的に接するアンナの前に現れたのは鬼畜なカルト教団、リーダーであるマドモアゼルは言う。
死後の世界では無い別の世界を見る目の事を、まだ死んではいない者の恍惚とした目の事を。

そして、アンナもまた犠牲者として地下に監禁され、激しい拷問を受ける。凌遅刑のように…
全てを受け入れたアンナは別な段階へ。生きながら皮膚を剥がされ、証人(マーターズ)へと。
アンナの最後の言葉を聞こうと集まった人々に伝える前に、マドモアゼルは銃を口にくわえて発砲する。

前半でどうしてアンナが警察や救急車を呼ばずにいたのか、後半になって理解ができた。彼女の献身さゆえに殉教者(マーターズ)として選ばれし者だったのであろう。
別の世界(たぶん神のいる次元なのだろう)を知りたいが為に、何も知らない女性へ激しい拷問をくわえるとは何事! 狂信的な人々が自らの肉体を切り刻めば済む事ではないか。

“ダリオ・アルジェント監督に捧ぐ”とエンドロールで表示されたが、確かに女の子をキャーキャー言わせている。
しかし、アルジェントのイタリアンホラー血の美学映像とは違う、フランスらしい人間の残酷さの究極とは何かを問う屠殺映画である。

Labels: , ,

Tuesday, September 22, 2009

Movie : The Taking Of Pelham 1 2 3

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
THE TAKING OF PELHAM 1 2 3
サブウェイ123 激突』(2009)アメリカ

運搬用パトカー事故の為、金の到着が遅れ、苦し紛れについた「嘘」により男の子をかばった元空軍兵が射殺される。
その影響か、ガーバーは不正を認めた。

病気の為なら同情もできるが、娘の教育費の為にワイロを受け取るという理由は納得がいかない。(たぶん)専業主婦でプラプラしている奥さんを働かせていれば、2万5千ドルのワイロの為に失職しなくても済むはず。

おまけにヘリコプターの前で奥さんと携帯で話すくだりもイマイチ、一刻も早く人質を助けるべき(一般人には荷が重いが)。ダラダラとミルクの話をして、映画のラストシーンで手にミルクを持たせる…映画館で隣の座席の方は喜んでいたけれど、私は想像通りに進む恋愛映画が苦手だ。

あっ結局、元証券マンのライダーの目的は、1,000万ドルが目当てでは無く、市から着服した200万ドルを元手に金相場などを混乱させて儲ける事よ。死んじゃうけどね…残念。

Labels: ,

Monday, February 09, 2009

Movie : Rremonition

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
PREMONITION
シャッフル』(2007)アメリカ

「なぜ一週間がシャッフルされたのか説明が無い」のが後味の悪い一番の原因、神父の言葉でうやむやにされた気分よ。虫の知らせね~

その他にもある。
まずは、カレンダー見ろよ。
それから、土曜日に拘束されたリンダは結局どうなった?
ジムの死亡事故を引き起こした直接的な原因はエンストだが、トレーラー・トラックだって見通しの悪い道の真ん中で立ち往生されたら、そりゃ迷惑。はっきり言って「Uターンしろ」と言ったリンダが間接的な原因だろ、そんな感じにとれる。

結局、金髪女によろめいたジムの“愛”は家族への保険金3倍増で納得したリンダ、1920年代のボロ家(専業主婦なんだから手入れくらいしろ。そもそも寝坊しないで子供達に朝食を用意しろ、グータラ)から、(金が手に入る前から目を付けていた)美しい湖畔の家へと娘と共に引っ越す。
内定取り消しにゴネて、迷惑料を2倍以上増額させた学生みたいなもんだな。結局倒産、後味悪し。

Labels: ,

Friday, December 12, 2008

Movie : SAW V

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想。
SAW V
SAW5』(2008)アメリカ

SAW3』で懸念していた少女があっさり助け出される、これで拍子抜け。
どこがどうなって行くのかと思っていたら、無傷で救出され表彰を受けたホフマン刑事がジグソウの後継者だった。それも『SAW』の時から! ありえね~ 嘘と言って~ ガッカリだよ~
今まで信じて来た事は何だったの? 

おまけにストラムFBI捜査官が疑われたまま、圧死してしまうなんてひど過ぎる。
妻ジルが受け取ったジグソウ遺品の箱の中身が分からないままなので、そのうち『SAW6』が公開されるでしょう。

Labels: , ,

Thursday, December 04, 2008

Movie : 1408

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
1408
1408号室』(2007)アメリカ

スティーヴン・キングの原作を読んでいないので、疑問点がいくつかある。
・絵はがきの差出人は誰?
・何故1408号室で怪奇現象が起こるのか? 1+4+8=13では納得がいかない、607号室でもいいではないか。
・「支配人」の正体が分からない。本当にホテル側の人間なのか、それとも“部屋”と同様の存在なのか?
・“邪悪な部屋”の正体は? 人を殺して何のメリットがあるのか、何を目的としていたのか?

冒頭でサーフィンをするエンズリン。ストーリーとしては唐突で、周囲の人々と比べると異質な感じがする。
案の定、これは伏線だった。
部屋に閉じ込められ、恐怖にさいなまれ、終いには水責めに遭うエンズリン。気が付くとサーフィンで溺れ、意識を失っていた時の悪夢だった。
と言うのは“部屋”の嘘で、やっぱり部屋から出てはいなかったのだ。

いずれにしてもホテル側の忠告を聞かず、無理やり1408号室に入ったうえに、部屋に火をつけ(表向きは配線設備からの出火)、歴史ある貴重な建造物であるホテルを燃やし、大量の失業者を出したエンズリンの身勝手さが後味悪く感じる映画だった。

Labels: , ,

Friday, September 19, 2008

Movie : The Deaths of Ian Stone

ネタバレ:まだ観てない人は見ないでね、思いつくがまま適当な感想
THE DEATHS OF IAN STONE
今日も僕は殺される』(2007)イギリス/アメリカ

人間の恐怖を吸収して生き永らえるハーベスター(捕食者)、悪魔とも伝えられる存在。いつしか彼らは恐怖だけでは飽き足らず、死ぬ間際の苦痛をも吸収するようになってしまい、何度も殺されるイアン。繰り返される“死日常”、無限ループ。
彼らの中には人を愛した事をきっかけに裏切る者が出てきた。それがイアンとイアンに助言を与える老人グレイ。
メディア達は邪魔なジェニーを殺し、イアンをまた仲間に引き戻そうとするが…やっぱり愛は勝つ~

Labels: , , ,